カテゴリ:企業法務

障害者 高齢者 助成金
カテゴリ:企業法務 · 29日 7月 2022
高年齢者(60歳以上65歳未満)や障害者、母子家庭の母などの就職が特に困難な方を、ハローワークまたは民間の職業紹介事業者等の紹介により、継続して雇用する労働者として雇い入れる事業主に対して助成金が支払われます。 これが、『特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者コース)』です。...

履歴書 助成金 高齢 離職者
カテゴリ:企業法務 · 08日 7月 2022
少子高齢社会の現在、労働力不足が懸念されています。 しかし、できるだけ長く働きたいという高齢者も増えており、企業からも「年齢に関わらず、社会で活躍してほしい」という声が多く上がっています。 それを支援する取り組みとして、国は『特定求職者雇用開発助成金(生涯現役コース)』を設置。...

カテゴリ:企業法務 · 11日 5月 2022
自分が創業・発展させた会社であれば、愛着も強いものです。 創業社長が、「自分が引退したあとは、子どもや親族に会社を受け継いでもらいたい」と希望するのは自然な考えかもしれません。 しかし、近年は、必ずしも親族が会社を引き継がない例も多く、親族外の従業員等が会社を引き継ぐケースも増えています。...